【マリンアクアリウム現状報告】経過良好?海ブドウも勢力拡大中!

スポンサーリンク

こんにちは、のの(@nonotki)です。

今回は海水水槽の現状をご報告です!

はじめに

6月24日にチャームさんで次のものを購入して2日後に海水水槽を30cmキューブ水槽で立ち上げました。

購入したもの
  • カミハタ 海道河童 フィルター(小)
  • コラリア ナノ 900 60Hz(西日本用) サーキュレーター
  • 人工海水 レッドシーソルト 60リットル用
  • ライブロック 30cmキューブ水槽セット (1セット)(形状お任せ)
  • オルカ ハイドロメーター 海水用比重計
  • レッドシー メジャーカップ

立ち上げた直後の水槽の様子がこちらです。

f:id:nonosuki:20180819144849j:plain

立ち上げ2週間後からデバスズメカクレクマノミ、ソフトコーラルというサンゴの仲間であるマメスナギンチャクスターポリプ、そしてメンテナンス生体であるシッタカガイをお迎えしました。

こちらが今から約1ヶ月前の水槽の様子です。

f:id:nonosuki:20180819150510j:plain

その後、赤ゴケと呼ばれるシアノバクテリアに水槽の景観を乱されてしまいました。

f:id:nonosuki:20180807170057j:plain

その対処としてミズタマハゼマガキガイをお迎えし、底砂のお掃除を任せることにしました。

スポンサーリンク

現在の海水水槽の様子

現在の海水水槽に入っている生体は次の6種類です。

  • デバスズメ 3匹
  • カクレクマノミ 2匹
  • ミズタマハゼ 1匹
  • ヤドカリ 2匹
  • シッタカガイ 3匹
  • マガキガイ 2匹

いつの間にか30cmキューブ水槽では過密よりの生体数になってしまいました。

そんな現在の海水水槽の様子がこちらです。

f:id:nonosuki:20180819152402j:plain

生体もソフトコーラルも元気でいてくれています。

(メンテナンス直後でスターポリプ(写真右下)は閉じてしまっていますが…泣)

ミズタマハゼとマガキガイのおかげでお迎え後に底床の赤ゴケに悩まされることはなくなりました。

スポンサーリンク

海ブドウの勢力拡大がすごい!

立ち上げ同時に入れたライブロックに付着していたと思われる海ブドウですが、現在ではすごい拡がりを見せています。

まず、この植物が海ブドウであると確信した時の写真がこちらです。

f:id:nonosuki:20180724162156j:plain

そして、下が現在の海ブドウの様子です。

今も茎を横に伸ばしてどんどん拡がっていこうとしています。

f:id:nonosuki:20180819153037j:plain

海ブドウは水槽内の硝酸塩を吸収して成長していってくれるようです。

硝酸塩値を測っているわけではないので、明確な値などはわかりませんが、ミズタマハゼやマガキガイなどの生体と併せてコケ抑制に働いてくれているように思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

海ブドウに特化した記事なんかも書きたいな、と思うほど元気に拡がってくれている様子をお伝えできたと思います。笑

生体もみな元気でいてくれているので、これからも維持を頑張ろうと思います。

また定期的にご報告していきますので、見守っていてくださいね♡

皆さんも素敵なアクアライフをお過ごし下さい。

☆.。.: *にほんブログ村に参加中です*・°☆ 

☆.。.: *よければポチッとお願いします*・°☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1991年生まれ。

双極性障害もちでも、夫の協力を得て好きなものに囲まれて暮らしています。

* フトアゴヒゲトカゲから爬虫類飼育を始めました。

* ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)のブリーダーを目指して勉強中です。

* アクアリウムが大好きで、多くの熱帯魚を飼育・繁殖中。水草についても勉強中です。

* その他ハムスターやフクロモモンガの飼育経験あります。