本『フリーで働く!と決めたら読む本』は目からウロコの情報満載!感想&レビューまとめ

「脱サラしてフリーで働きたいなぁ」

なんて考えながらネットで情報を集めている、あなた!

 

こんにちは、のの(@nonotki)です。

フリーで働くという決断は勇気のいるものですよね。

特に家庭をお持ちの方にとっては、並大抵の決意ではできないと思います。

私は今ブログを書きながら、フリーで働くという選択肢について考え中です。

まだ決断したわけではないのですが、中山マコトさんのフリーで働く!と決めたら読む本を読了しました!

文庫サイズで厚さ1cmもないほどの本ですが、とても収穫が多かったです!

感想&レビューをまとめますので、脱サラしてフリーで働きたい!と思われている方の参考になれば幸いです。

1. 『フリーで働く!と決めたら読む本』を手に取った経緯

現在、私はフリーランスとしての働き方を模索中です。

のの
ライターとして少しづつ動きだそうかな

と、8月頃にWEBライティング技能検定講座を申し込みました。

教材が届いた際に、『時間と場所にとらわれない新しい働き方』という本が付録でついてきました。

この本は、3つのチャプターに分けて新しい働き方を紹介しています。

1つ目のチャプターでは、20人ものライフスタイルが紹介されています。

そのライフスタイルは十人十色さまざまで、とても興味深いものばかりでした。

2つ目のチャプターでは、『フリーランスになると決めたら知っておきたいこと』と題して、確定申告や契約などフリーランスデビューに際して知っておくべき事項が掲載されています。

この中で『フリーランスデビューの前に読んでおきたい本』として、今回紹介する『フリーで働く!と決めたら読む本』が紹介されていました。

紹介されていた本は全部で6冊あったのですが、その中でも1番目に紹介されており、しかもその紹介文の中には…

なんとなく「フリーランスになれればいいな」という気持ちでこの本を読んだ人は、目を覚まさせられるような衝撃を受けることでしょう。

と書かれていたんです。

のの
これ、読むしかないやろ!

という気持ちで、手に取ることになりました。笑

ちなみに『時間と場所にとらわれない新しい働き方』という本の3つ目のチャプターには企業のランサーズ活用事例が掲載されています。

136ページのA5サイズの冊子ですが、こちらの本もおすすめなので、是非チェックしてみてくださいね!

(ただし、ランサーズ経由でフリーランスとして働かれている方メインでの紹介になっているので、ブロガーやYoutuberになりたい方は少し違うかなーという感じです。ライターやWebデザイナー、イラストレーター等として活躍されたい方には、かなりおすすめの本です!

 

スポンサーリンク

2. 『フリーで働く!と決めたら読む本』のレビュー

さて、本題の『フリーで働く!と決めたら読む本』のレビューに入りますね!笑

「良い!」と思ったところと「うーん…」と思ったところに分けて、ご紹介します。

2.1. 良い!と思ったところ

はじめに「良い!」と思ったところです。

2.1.1. フリーランスの定義付けが明確!

本書では、フリーランスを2つに分けて定義づけしています。

その2つとは、「プロフェッショナルフリーランス」「なんちゃってフリーランス」です。

フリーランスって「自由」に仕事ができることが魅力ですよね。

私も、働き方や働く場所を自分で決められるフリーランスに魅力を感じています。

しかし、実際はフリーランスの多くが締め切りに追われて資金繰りに追われる…「自由」とは程遠いものになる、と本書では言及されているんです。

その中でも、「自らの人生に、常に、主導権をもつ」フリーランスを「プロフェッショナルフリーランス」と呼び、本書で目指す姿として紹介されています。

一方、「選択権を他者に握られている」フリーランスを「なんちゃってフリーランス」と呼び、本書では「なんちゃってフリーランスで終わらないために」著者が自ら実践し成果を確認したことが書かれています。

のの
この明確な定義づけによって、目指すべき姿が明確になってすごく読みやすいと感じました!

2.1.2. フリーランスを闇雲に勧めていない!

本書では、

プロフェッショナルフリーランスとしての成功は、”準備に費やした時間と労力”に正比例すると言っても過言ではないからです。

というふうに、すぐにでもフリーランス人生のスタートを切りたい!と考えている方にストップをかけるような書き方をされています。

まずは、「名物社員を目指すことからスタートしよう」、「一目置かれるサラリーマンになれ!」等と、とにかく準備に時間をかけるように促しているんです。

確かに、自分自身の能力を売り物にするのですから、サラリーマン時代に身につけたスペシャリティを生かさない手はないですね。

のの
いますぐ、スタートを切ろう!という書き方ではないからこそ、今の自分に何ができるのかをすごく考えさせられました。

2.1.3. 金銭的リスクの回避方法が具体的!

安定した収入を見込めなければ、お金は使うな!と強調した上で、いかに金銭的リスクを回避すればいいかを具体的に教えてくれています。

「借金をしない」という自然に考えて「掟」と言えるものから、「広告宣伝をしない」という読むまでは浮かばなかった、まさに「目からウロコ」のものまで…

リスクヘッジが6つも具体的に書かれているんです。

のの
どれも最後は「なるほどなぁ、そういうことか」と思えるものばかりだったので、しっかり頭に入れておこうと思います!

2.1.4. 良いスタートを切るための方法が具体的!

特に私が「良い!」と思ったところがここです!

「自分を最強の商品に仕立て、スタートしたその日から、売れっ子フリーランスになる方法」として、たくさんの方法が書かれています。

その中でも私が、「すごく参考になる!」と思ったのは、キャッチフレーズの作り方です。

「キャッチフレーズは、フリーランスの命運を決するエンジンである」と本書で紹介されており、キャッチフレーズの作り方は6つのステップに分けて詳細に方法が書かれているんです!

まだ、実践してはいないのですが、このキャッチフレーズの作り方はノートに書き記しました!

ステップ3までの部分を写真で少しお見せしますね。

のの
完全に私のメモなので、字が汚くてすみません。汗

他にも起業案内の送り方や、新たな人脈の作り方など、参考になる具体的な方法がたくさん書かれていました!

2.1.5. フリーランスの掟が衝撃的!

「差別化はするな!」から始まる第4章「フリーランスの掟」は本当に衝撃的なものばかりが掟として8つ紹介されています。

掟その1である「差別化はするな!」には続きがあって差別化はするな!先鋭化せよ!」とあります。

ここには、いかに値段だけの安売り合戦に持ち込まずに独自性だけを売りに勝負をするかが書かれているんです。

のの
他の7つの掟も衝撃的なものではありますが、読めば納得できるものばかりでした。

2.1.6. 名刺とヒストリーカードは参考にしたい!

自分自身の魅力を自分に代わってセールストークする「語り部名刺」は、サラリーマンではないなら絶対に作っておきたいものだと感じました!

具体的に著者の名刺が掲載されているので、イメージもしやすく、

のの
こんな名刺もらったら絶対に連絡したくなるわ!

となりましたね。笑

キャッチフレーズやオリジナルの肩書き等の最初に伝えたいことが、その名刺の表裏にきちんと見やすく書かれているのが特徴です。

ブロガーでもライターでも、この「語り部名刺」は参考にしたいですね!

そして、ヒストリーカードというハガキサイズのチラシも是非作りたいものですね。

名刺よりも強力な集客効果のあるヒストリーカードについては、作り方から配り方まで丁寧に説明されています。

のの
自分がもらったら嬉しいものや、思わず注目してしまうものを相手に渡したいですね!

 

2.2. うーん…と思ったところ

次に「うーん…」と思ったところをご紹介します。

と言っても、この本ではこの1つしか思いつきませんでした。汗

2.2.1. サラリーマン時代にやっておこうという事柄が多い…

「2.1.2. フリーランスを闇雲に勧めていない!」でもご紹介したのですが、「サラリーマン時代に準備していたことがフリーランスの成功の秘訣!」というような書かれ方がされています。

人脈作りにおいても現在サラリーマンの方はできることかもしれませんが、急な倒産や急に家業を継がなくてはならなくなった等という方にとっては、かなり厳しいことが書かれている、と感じました。

脱サラでフリーで働こう!という決意を決めた人には最適な本だと思いますが、

読者さん
もうサラリーマンじゃないよ

という方にとったら少し辛い内容かもしれません。

しかし、フリーランスで真の自由を手に入れて生き残るために必要なこととしては十分に参考にできると思います!

 

スポンサーリンク

3. フリーで働く決意の前でも読んでおいて損はない本!

いかがでしたでしょうか?

『フリーで働く!と決めたら読む本』という本の名前ではありますが、フリーで働く決意の前でも読んでおいて損はない本だと感じました!

脱サラの人でも、そうでない人でもこの本から得られることは大きいと思います。

あなたも是非、この本を手に取ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1991年生まれ。

双極性障害もちでも、夫の協力を得て好きなものに囲まれて暮らしています。

* フトアゴヒゲトカゲから爬虫類飼育を始めました。

* ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)のブリーダーを目指して勉強中です。

* アクアリウムが大好きで、多くの熱帯魚を飼育・繁殖中。水草についても勉強中です。

* その他ハムスターやフクロモモンガの飼育経験あります。