本格コーヒーを楽しむならサーモスの真空断熱ポットコーヒーメーカーがおすすめ!使用した感想&レビューまとめ

「コーヒーメーカーってたくさんありすぎて、何がいいのかわからない。まぁ、インスタントコーヒーでも困ってないんだけどね!」

なんて思いながら、コーヒーメーカーについて検索しているあなた!

 

こんにちは、のの(@nonotki)です。

コーヒーメーカーってたくさんありますよね。

しかも、コーヒーメーカーを初めて購入しようと考えている方にとっては、

あなた
何がいいのか、どこまでの機能があれば十分なのか、わからない!

というのが正直なところだと思います。

私も、今年の6月までは自宅ではインスタントコーヒーしか飲んでおらず、

のの
コーヒーメーカーは別に要らないかなぁ

と思っていました。

味の違いもわかるか自信ないし、何より困ってないし…。笑

でも、少しの『憧れ』を捨てきれずにTHERMOSの真空断熱ポットコーヒーメーカー(ECH-1001)をお迎えしてしまいました…!

電子レンジと湯沸しポットの間にジャストサイズで収まっています。笑

7月から約5ヶ月間使用してみたので、私がこの商品を使って良い!と思ったところうーんと思ったところをご紹介します。

 

1. サーモスの真空断熱ポットコーヒーメーカー(ECH-1001)をお迎えした感想

まず、この商品がうちに届いた時の感想からご紹介しますね!

1.1. 箱が大きい!中は意外にもコンパクト!

商品が届いた時、最初に出た言葉が

のの
でかっ!Σ( ̄□ ̄;)

でした。笑

箱の大きさが横30.6cm×高さ39.3cm×奥行き26.7cmで、想像よりもかなり大きいと感じました!

中身を開けてみると、横24cm×高さ36.5cm×奥行き24.5cmと箱よりも一回り小さいだけですが、棚に載せてみると意外とコンパクトです。

3号炊きの炊飯器を置いていた場所にすっぽりはまりました。

(ちなみに横幅120cmの棚に電子レンジ・コーヒーメーカー・湯沸しポット・3号炊きの炊飯器が収まっています。笑)

1.2. セッティングは簡単!

箱の中に23ページの取扱説明書が入っていたので、とりあえずセッティングをしようと開きましたが、とても簡単にセッティングは完了しました。

ドリッパーというコーヒー豆をセットする部品を前後間違えないようにセットしてポットをポット台に入れれば完了です!

本当にあっという間で、初心者の私にはすごく優しい製品だと感じました。

 

スポンサーリンク

2. サーモスの真空断熱ポットコーヒーメーカー(ECH-1001)を使ってみた感想

次に、約5ヶ月間使用してみた感想を「良い!」と思ったところと、「うーん…」と思ったところに分けてご紹介します!

2.1. 良い!と思ったところ

はじめに「良い!」と思ったところについてです。

2.1.1. 超初心者の私でも使える!

コーヒーメーカーを使ったことのない超初心者の私でも今ではほぼ毎日お世話になっています!

本当に簡単なので、使い方をご紹介しますね。

  1. 本体にプラスチック製の付属のドリッパーをセットします。
  2. 市販のペーパーフィルター(4〜7人用)をドリッパーにセットします。
  3. 付属の計量スプーンでカップ4杯分作りたかったら計量スプーン4杯分のコーヒー粉(粗挽き・中挽き)をフィルターに入れます。
  4. 給水タンクに入れたい分の水を入れて本体にセットします。
  5. ポットを本体にセットします。
  6. プラグをコンセントに差し込んで『ドリップ開始』ボタンを押します。
  7. 4杯分なら約7分で出来上がり!完了です!

ほら、簡単でしょ?

最初の1回は取説を見ながら淹れましたが、2回目からは取説なしでスイスイと準備をしてコーヒーを作っています。

しかも、ポットの蓋をした状態で直接ポットにコーヒーが入れられるので、出来上がったらそのままコップへ注ぐことができます。

いちいち蓋を外してとか蓋を付けてとかしなくていいのが、とても楽です!

2.1.2. 洗いやすいし清潔!

ドリッパーも取り外して洗えるし、ポットの中栓も分解できて洗えます。

給水タンクも取りはずせるし、洗えないところは本体の注ぎ口くらいです。

複雑な構造になっていて洗えないものが多いと聞きますが、ここまで洗えるとかなりスッキリした気持ちになりますよ!

2.1.3. 直接アイスコーヒーが作れる!

これ、私の一押しです!

アイスコーヒーが好きなので、この機能があるからこれをお迎えしたと言っても過言ではないくらいです。

真空断熱ポットに直接コーヒーが入れられるので、ポットにあらかじめ氷を入れておくと、アイスコーヒーが作れます!

給水タンクにもアイスコーヒーを作る場合の水量メモリも記されていて、アイスコーヒー好きには嬉しいですね。

アイスコーヒーを作る際には少し濃いめに作る必要があるので、水の量が変わっても4杯分作りたいと思ったら計量スプーンで入れるコーヒー粉も4杯分でOKです!

2.1.4. 真空ポットだから熱さも冷たさも保てる!

他の製品では、熱さを保つ方法としてある一定時間煮詰めておくというものがあるそうなのですが、それでは味が変わってしまうそうなんです。

この製品では、サーモス独自の技術で作られた真空ポットなので、熱さも冷たさも、そして味まで保つことができます。

電気代が気になる方でも、コーヒーを作り終わったら電源を抜いちゃえばいいので経済的ですよ!

2.1.5. 8杯分が一度に作れる!

1杯分ずつ作った方が味も変わらないし、淹れたてを飲めることはわかっています。

わかっていますが、後から2杯目3杯目と続けて飲みたい場合やたくさんの人数でコーヒーを楽しむ場合、一気に作りたくなりませんか?

私は、一気に作っておいて結構長い間楽しみたい人なので、8杯分が一度に作れるこの製品はかなり嬉しいです!

朝作っておいて夕方ごろまでゆっくり旦那と二人で美味しいコーヒーを飲むのは至福ですね。笑

2.2. うーん…と思ったところ

次に「うーん…」と思ったところについてです。

2.2.1. 予約機能があるけど私は使わない。笑

これは、この製品のポイントでもあるのですが…

前日の夜に予約しておいて朝に淹れたてのコーヒーが飲めるように予約機能が付いているんです。

朝の忙しい時間、出社前の慌ただしい時間を少しでも節約したい人や、少しでもコーヒーを楽しむ時間を多くしたいという人にはとても良い機能だと思います。

ただ、私は飲みたい時に飲みたい分を淹れるので、この機能使わないですね。笑

のの
外でフルタイム勤務している人にとったらとても良い機能なんだろうなー…

2.2.2. 淹れた後に本体フタを開けると水が滴る…

淹れた後にドリッパーにセットしたペーパーフィルターを捨てるんですが、その時に本体フタを開けると背中側に水が滴るんです。

蒸らしながら淹れてくれているので、仕方ないこととはわかりつつもポタポタと水が滴るので、気になる人はキッチンペーパーやタオルで素早く抑えるなどの措置をしないといけないですね。

のの
私は、放置です。笑

 

スポンサーリンク

インスタントコーヒーには戻れない!

いかがでしたでしょうか?

私はこの製品を気に入って使っていますし、かなりおすすめな製品だと思っています。

のの
インスタントコーヒーとの違いがわからないかも…

と思っていましたが、全然違います!やっぱり美味しい!

もうインスタントコーヒーには戻れませんね。

THERMOSの新製品も出ていますが、私はこちらで十分かな〜と思っています!

新製品が出たことで少しお値段もお求めやすくなっているので、コーヒーメーカーデビューをされたい方は是非チェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1991年生まれ。

双極性障害もちでも、夫の協力を得て好きなものに囲まれて暮らしています。

* フトアゴヒゲトカゲから爬虫類飼育を始めました。

* ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)のブリーダーを目指して勉強中です。

* アクアリウムが大好きで、多くの熱帯魚を飼育・繁殖中。水草についても勉強中です。

* その他ハムスターやフクロモモンガの飼育経験あります。